image_200_150_1.jpg

香典返し

不祝儀。
不祝儀についてはすこし難しいのが現状です。
宗教が関わることもありますので。

一般に通夜や告別式などでの不祝儀を「香典」といいます。
香典という呼び方は仏教の場合に使われる呼び方です。

通常の場合、
@仏式での香典返しは葬儀の行われた当日にお返しする「即返し」を行う場合
A四十九日の忌明けのあとに忌明けの挨拶状と共に送る場合
このようになっています。

神式やキリスト式では通常、香典返しなどはしないこと
が原則とされていますが
最近では仏式でも香典返しなども行われることも
以前に比べると多くなってきているようです。

その場合、
@神式の時には忌明け後五十日祭と呼ばれる霊祭に
Aキリスト式では忌明け後一ヶ月たった後に行われる召天記念日のときに
其々、礼状など共に香典返しを贈るといいとおもいます。

香典返しは別名「半返し」ともいい、
「いただいた香典額面の半額程度の品物でお返しするもの」
とされてきたのですが、現在では4割をお返ししたり
1/3でよかったり、また地域によっては全返しとして
全額に見合う分のお返しを行う場合もあるようですから
不明な場合は葬儀社に尋ねて慣例に従うのがいいですね。

忌明けの礼状については特に決まりがあるわけではなく、
その点では自由にしてよいともいえますが、
弔辞の手紙は便箋を白で無地のものを使って一枚で書きます。
このときは一重の封筒に入れることとなっています。
注意してください。
礼状の文面には
・葬儀などへの弔問や会葬、弔辞などをしてくださったことへのお礼
・忌明けの際の法要
・香典について
上記のような内容も記入するようにするといいでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47817704

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。