image_200_150_1.jpg

結婚後の礼状

結婚をした際。
色々なお祝いを受けますよね、通常は。
その際。
お祝いに対して礼状が必要になります。

挨拶状や礼状を出すにあたって書き方には決まったものがあります。

まずは結婚祝いをいただいた際にお返しする礼状
やはり品物をいただいたら早期に礼状を返しましょう。
お祝いをいただいた相手に返す礼状の内容として。
はじめに時候の挨拶をします。
その際はなるべく自分の言葉で作成するようにしましょう。
「前略」は目上の人に対しては失礼になります。
目上の方に「前略」を使用するのは避けたほうが良いでしょう。

時候の挨拶の文章頭。
1月から始まり
「厳寒の候 新春を迎えて寒さも厳しくなってくる此の頃、、、」
2月「余寒の候 節分のころですが窓を開け放つにはまだまだ寒さは抜け切らない此の頃、、、、」
3月「早春の候 桃の節句を迎えましたがこの地方では雪が残り春までもう一歩といったところです、、、」
4月「陽春の候 花の色合いが美しく感じられるころになりました、、、」
5月「新緑の候 端午の節句にこいのぼりが空高くおよいでおります、、、」

等の挨拶から始まり、内容としては
●お祝いをいただいた感謝の気持ちをお礼
●結婚した二人の喜び
↑を伝えるようにします。

その際は「新居にもお立ち寄りください」とするとよいでしょう。

相手にもよりますが、友人に対してはあまり気負わず、
自分なりの自然な表現を行うと良い礼状が書けますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49116775

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。