image_200_150_1.jpg

災害見舞い礼状カテゴリの記事一覧

災害見舞い礼状

突然の災害というと何があります?
・地震
・火事
・風水害
・交通事故
いろいろありますが、どれも大きな苦痛を伴う出来事ですし
ある意味、病気を越える位苦痛をともなうものともいえます。

こうした災害の知らせがあった場合
災害地に近いところにいる場合なら駆けつけて
協力したり励ましたりと力になることができますよね。

災害は突然に起こるもの。
起こったその日から様々なことに困ってしまいます。

災害の際のお見舞いのポイント
情報を知ってからすぐに行動すること
これにつきます。

手助けの際には被害の度合いにもよりますが
まずは通常の生活を取り戻せるような手伝いを行いたいですね。
手助けできるようであれば
被害の復旧作業に手を貸すこともできますし
近所の住人同士では電気製品などが使用できる場合には
使えなくなっている人に使用してもらうと喜ばれますよ。

被災地から遠くに住んでいて
ちょっとすぐには駆けつけられない、、、
そんなときは後日お見舞いをすることにして
現金を送るのが喜ばれます。

お見舞い金を送る際は封筒に表書きとして
御見舞い」と書くだけでよいでしょう。
こんな時は形式にこだわる必要はありません。

逆に災害のお見舞いをいただいたときは
礼状を送る前に
@自分が早く立ち直り
Aお世話になった人たちに元気な姿を見せる
↑ コレが一番のお返しですよ。

災害の見舞いに対しては’内祝’いはせず
状況が一段楽して落ち着いたときに礼状を送れば良いでしょう。

何とか災害前の生活に戻れたときに改めて礼状をだせば
相手も状況がわかって安心してもらえますし
喜んでもらえますよ。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。